眼精疲労に効果がある薬について

眼精疲労に効果がある薬について

眼精疲労に効果がある薬について

目薬はどれが良いの?

眼精疲労に効く目薬については、多くの商品が販売されております。
最近は、眼精疲労にピンポイントで効果があると謳っている目薬が人気があります。
はっきり言いますと、市販のものは総合点眼薬で、様々な成分を含んでいて、様々な症状に幅広く効果があるように作られています。また価格が高いのも否めません。
では、どのような基準で選べば良いのでしょうか?
疲れ目を軽減したいのであれば、シアノコバラミンが含まれているものを選びましょう。
ビタミンB6やB12になります。この成分が含まれていれば、まず問題ないのですが、
コンタクトレンズをつけている方だと、ドライアイになりやすい傾向があるので、また目薬の選び方が変わってきます。
私もコンタクトをつけているのですが、目がゴロゴロしたり、充血したりする事が良くあります。これらに効果があるのは、コンドロイチン硫酸を含むものを使うと良いでしょう。
眼精疲労と言っても各々によって、症状が違いますので、ドラッグストアに行って相談してみるか、心配な方は、眼科を受診する事をおススメします。
結局は、眼科で点眼薬を処方してもらった方が、即効性がありますし、安くつく事が多いかもしれません。

 

眼精疲労の症状が悪化したので薬を飲んでみた

先日、病院に受診したところ、眼精疲労の疑いが強いと言われました。
飲み薬として、ロキソニンを処方されました。ロキソニンは痛み等の鎮静作用があります。歯医者を受診し、痛みがおさまらない時にもロキソニンをもらえますよね。
頭痛などの痛みを和らげたい場合には、ロキソニンが代表的な飲み薬でしょう。
市販薬を試してみても良いですが、各々によって合う合わないがありますので、心配な方は、病院に受診をして、頭痛薬等の飲み薬を処方してもらいましょう。
またこれらの痛みに鎮痛作用がある薬は、強いのであまり長い期間飲み続けるのは良くないです。どうしても症状が快方に向かわなければ、他の病状が考えられる可能性がありますので、病院を受診し、医師に相談するのが良いでしょう。
また薬局で薬を処方された場合は、飲み合わせが悪い事もありますので、薬剤師の方に相談してみるのも良いと思います。

 

眼精疲労に薬膳は効くのでしょうか?

はっきり言ってしまうと薬膳は効果があります。ただ効果が実感できるまでに相当な時間が掛かります。理由は薬膳だけでは効果は薄く、日常生活を改善する必要があります。
眼精疲労は、慢性的に目の疲れが溜まった症状になりますので、根本的に日常生活を見直し、改善に取り組む必要があるのです。そのサポートをするのが、薬膳だと思って下さい。
薬膳は、薬を使わず、食から病気に働き掛けをします。
眼精疲労に効果がある薬膳料理は、様々な雑誌やサイトで紹介されておりますが、私が効果があると感じたのは、菊とほうれん草のおひたしです。酢が好きなので、酢も加えたものです。食の方から眼精疲労を軽減したかったので、調べていたら菊を使った料理がいくつか紹介されていたので、それをアレンジしました。
さすがに毎日が食べらないので、週に2回、夕食時に作って食べてます。食べ始めて半年になりますが、目の慢性的な疲れは、だいぶ軽減されました。
継続することが大事ですね。

 

眼精疲労の薬に即効性を期待した結果

眼精疲労を早く治したいという思いから、まず市販薬を試しましたが、少し軽減されたものの、改善には至りませんでした。市販薬といっても、薬局で販売されている飲み薬です。
なので、眼科を受診することにして、点眼薬を処方されました。以前に、別の眼科を受診していたのですが、仕事が忙しくなってしまい、しばらく行ってなかったのです。
私の特に気になっている症状は、目がぼやけたり、軽いめまいです。点眼薬が即効性があると先生が言っていたので、1日数回の点眼と目を酷使しないよう休憩を取り入れて、また2週間に1回に定期受診をして、2ヶ月が経過しますが、だいぶ症状が改善されました。やはり最低でもこの位の期間は要するのだと思いました。一つの目安として参考にしてもらえればと思います。

ホーム RSS購読 サイトマップ